スキーをする上でチューンナップはなぜ必要?

スキーをする上でチューンナップはなぜ必要? 年々、スキー板の性能は向上していますが、それでもやはりチューンナップはした方が断然良いです。
滑走面は滑るうちに傷がついたりしますし、エッジにも傷が入ったり錆びたりします。
また雪面を 滑っているにも関わらず、エッジは角が丸くなってきます。
そうした状況になると滑走性能やターン性能が格段に悪くなり、思うようにスキー操作ができなく なってしまいます。
そうしたことからチューンナップは必要な事だと言えます。
個人で行う場合には、それなりの道具が必要になるのですが、ここでは簡易的にできる方法を紹介します。
滑走面は板の横方向に入っている傷はナイロン袋をねじって棒状にし、ライター等であぶって溶け出す 液状のものを傷に落とします。
その後カッター等で凸部を削りサンドペーパーでならします。
エッジは400番程度のサンドペーパーを小さな角材に巻き付けて、最初に滑走面側のエッジにサンドペーパーを かけ、次に横部分にも直角を意識してかけます。
滑走面のワックスは市販の、塗るだけタイプのものを使えば大丈夫です。
スキーチューンナップはたったこれだけでもかなり操作性が変わってきます。

スキーブーツをチューンナップするとどう変わる?

スキーブーツをチューンナップするとどう変わる? スキーブーツをチューンナップすることによって、スキーをするための必要なベース作りを行うことができます。
人にはそれぞれ身体バランスを調整する能力があり、その能力から知らないうちに身体を酷使したり、怪我を生む原因を作っていることがあります。
そのような状態を予防するために、スキーブーツをチューンナップすると効果的です。
スキーの性能や操作性を引き出すため、必要なベースを作ることができたり、 左右の足の差や技術的に悩みのある人も解決する場合があります。
チューンナップすることによって、正しい軸を実現することができ、腹部や背中、足の筋肉などをリラックスさせることができるでしょう。
関節がスムーズに動くことによって、板に軽さや敏捷さを伝えることができたり、自分のイメージ通りの滑りに繋げることが可能です。
例えばインソールを入れることによって、中立なポジションをキープすることができたり、土踏まずや踵をホールドすることができるので、足首のぐらつきを抑え、板にダイレクトに力を伝えることができます。
ブーツチューンはインソールはもちろん、バランス調整やトータル的にブーツの役割を引き出し、板の役割を引き出すことが可能です。
スキーヤーの能力はもちろん、板やブーツが持つそれぞれの性能を引き出すことができます。

新着情報

◎2017/12/19

チューンナップを行なう際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/11/20

チューンナップはなぜ必要?
の情報を更新しました。

◎2017/3/29

スキーに持っていくべき物
の情報を更新しました。

◎2017/1/10

短期でスキー板のチューンナップ
の情報を更新しました。

「スキーブーツ」
に関連するツイート
Twitter

[スキーブーツ]気温低いとブーツが脱げないし、履けない

イタリアの世界遺産、ドロミーティです。登山靴、スキーブーツ・ブランド「ドロミテ」の名前の由来にもなっています。イタリアのチロル地方から東アルプス山脈に属する山群で、最も高い頂上は3342mのマルモラーダになります。 #キレイ pic.twitter.com/k0Qp9qCMMP

イタリアの世界遺産、ドロミーティです。登山靴、スキーブーツ・ブランド「ドロミテ」の名前の由来にもなっています。イタリアのチロル地方から東アルプス山脈に属する山群で、最も高い頂上は3342mのマルモラーダになる pic.twitter.com/D3GYpKYGw2

Twitter一度は見たい!!世界の絶景@tourist_zekkei

返信 リツイート 昨日 16:06

返信先:@kneas_KH 新しい板のビンディングが足りてないんですよねぇ…スキーブーツもボロボロだしそろそろ何とかしないとKHスキー部名乗れなくなりそう。

スキーブーツも私が欲しかったメーカーの物が置いてなかったから、スキー復帰もなさそう

Twitter心が壊れちゃった⌒°(๑°◡°๑)°⌒みくみく@AppendMikuMode

返信 リツイート 昨日 15:02

小学校上がる前くらいにスキーブーツでデコ思いっきり蹴られた時

【欲しいものリスト】 ・米津さんのCD ・iPhone xs ・スキー板 ・スキーブーツ ・ロクシタンのシャンプーとリンス ・めちゃくちゃうまい日本酒 ・BEAMSかUNITEDARROWSの服 ・一人暮らしできる家 ・食べても太らない体 ・お金 ・時間

...平面に立つときには、ヒトの受容器は地球の重力をどの様に感じているのか?」そしてそれは「姿勢反射にどの様に影響しているのか?」に繋がって来た。 そして、ようやく平面ではなく斜面に立つことの出来るスキーブーツのフィッティングにたどり着いた気がする。 戦時下では如何に戦闘機乗りを育てるか?などで軍事的に「姿勢の科学」の研究がされていた。そして日本は学問的にも世界から孤立していたので独自の研究が必要...

返信先:@ryo6240 やはり着地はやや前が安全と思います。後傾でknee in着地で踏ん張った時に回旋力が加わると非常に危険かと思います。 勿論超前傾も、スキーブーツの場合、アキレス腱に負担はかかるかもですが。やはり後ろすぎるのは危険と思われます。踏み切りに関してはまた別問題ですね。

スキーブーツで階段をあがるのは苦労する